前へ
次へ

いつからいつまで産休を取るべきか

産休とはいっても実際、どれくらい仕事を休むことができるのでしょうか。妊娠が分かり喜ぶ女性、子供が生まれても仕事は続けたい願望があるでしょう。しかし、出産前はいつから産休をもらえるのか、また、出産後の産休についても知っておきたいものです。出産前は、女性の体調によっては産休を取らずに働きたいと希望する場合もあるので、6週間以内に出産する予定の女性については、本人が産休を取得したいと請求したときに休むことができるとされています。ちなみに、双子など多胎児の場合には14週間です。出産後は8週間を経過しない間は、いかなる場合でも働くことができないのが労働基準法としてあげられています。ただし、産後6週間を過ぎ、本人の希望があれば、医師が認めた業務ならば就業することができます。こうした規定は、労働基準法により最低限認めなければならない休暇になります。事業所側も手厚い制度としていますが、本人もその手厚いサポートを受け入れることをしましょう。働ける身体かもしれませんが、周りの従業員に迷惑をかける可能性や、逆に心配をかけてしまう可能性もあり、仕事のやりにくさを口にする従業員も少なくありません。自分は働けるが、赤ちゃんのことまでは管理ができない可能性もあります。また、赤ちゃんを受け入れる保育施設もすんなり決まるワケではありません。身体がキツそうだと分かれば、従業員たちがサポートしなければならず、荷が重くなるようです。もちろん、妊婦になり、産後しっかり働けるのか不安になることも無きにしもあらず、出産前にできていたことができなくなったり、しばらく技術職から離れていれば腕も鈍るかもしれません。焦りが出ることも無きにしもあらず、しかし、事業所側としては、第一に身体を気遣うことに専念してほしいといいます。特に、初産となれば、子育て、家事、仕事を両立できないこともあるからです。いわゆる産後うつ病を発症させないためには、ある程度の産休を取得させています。

Page Top