前へ
次へ

産休を取り会社とトラブルになる事も

会社で働いている女性の中には、独身の人もいれば結婚をしている人もいます。結婚している人の中には、子供を産んでいない人もいれば生んでいる人もいるでしょう。子供をこれから雨の人にとっては、人生において非常に重要な出産が待ち構えています。出産をするのは1日で終わりますが、すぐ次の日から働くことができるわけではありません。また、出産をする前の段階でも働くことができない期間があります。この場合には、産休を取ることができるようになっています。産休を取る場合は、少なくとも2ヶ月ぐらい前の段階で会社側に申請すると良いでしょう。あまり直前に申請しても、会社としても人員配置が難しいことになるため、困らせてしまう可能性もあります。そこで、早い段階でスタッフの確保をして業務が円滑に回るべく会社側に報告をしておきたいところです。産休を取る場合、会社側と揉め事が起きるケースも少なくありません。今日の小さな会社の場合には、何かと問題になるケースが多いです。小さな会社に問題があると言うよりも、小さな会社で人員が少ない場合1人の人が産休で休んでいる間他の人の仕事が増えてしまう可能性があるわけです。産休を取りにくい会社は確かにありますが、この場合会社の方で休んではいけないと伝える可能性もあるでしょう。この点に関しては、はねのけても構いません。確かに、会社のことを考えれば自分が休むことで仕事に穴を開けてくない真面目な気持ちもわかります。しかし、産休は子供を産む女性に与えられた権利であり、これを堂々と行使することは全く問題がないと言えるでしょう。ひどい会社の場合には、会社の言うことを聞かないとして解雇しようとするケースもあります。正確には、解雇をして問題になったケースも知っておくと良いかもしれません。この場合には、裁判に訴えれば確実に妊婦さんは勝つことができます。それもそのはず、権利として認められている以上これを害することができないからです。

Page Top